福岡県のドローン操縦スクールの中から特におすすめのスクールを徹底比較して各スクールの費用や取得資格などをまとめました。

ドローンで農薬散布ができる!メリットや農薬に使えるドローンを解説

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/15

農業の分野でもドローンが導入されています。近年、ますます農業に従事する人口が減少してきたこともあり、農業を営むのを止めてしまう農家の方がいます。人手不足を解消するためにテクノロジーを活用することで、少ない人員でも効果的に作物を育てられます。今回の記事をぜひ参考にしてください。

農薬散布をドローンで行うメリット

メリットを3つ紹介します。人手不足を解消できます。

時間が短縮できる

人力で作業を行うと1日~数日かかります。しかし、ドローンを使用すれば数充分で終了します。農薬散布以外にも、種まきや品質管理の場面で活躍しています。

人員を削減できる

少子化による日本の農業従事者は減少傾向にあります。また、農業を営んでいる人が高齢になっていることが多いので、人力で作業を行うのが体力的に難しくなっているでしょう。
そこで、ドローンを使用した農薬散布を行うことで、体力的な負担を軽減できます。また、農薬散布のために人員を集める必要がないので、時間を有効に活用できます。
そして、シニアの方を対象にしたスクールが開講しています。ドローンスクールでは、農業に従事しているシニアの方を対象にした農薬散布の授業も行われているので、基本的な操作方法から修得したいという人は積極的に学習してみてください。

長期的なコストダウン

体力的な負担が原因で農作物の生産量を減らした場合でも、ドローンを使用すると生産量を元に戻せます。本体価格が高額なので導入を迷ってしまいますが、長期的にみると生産性が向上するので、コストを回収できるでしょう。

どんなドローンを選べばよいのか

さまざまな商品が市場に出回っています。ここではその一部を紹介します。

飛助DX

メーカー希望小売価格は92万4,000円(税込)、農薬タンクの容量は10L、飛行時間はホバリングで30分、機体重量は24.9kgです。株式会社マゼックスが製造しました。日本の農業用ドローンの中では知名度が高く、多くの人に使用されています。
特徴は、高いバッテリー性能と風が強いときでも安全に運用できるパワーを持っていることです。農薬を散布できる噴出口が複数あるので早く作業が終了します。

農業用ドローンあおぞら

メーカー希望小売価格は58万5,200円(税込)、農薬タンクの容量は5L、飛行時間は7分、機体重量は17.7kgです。国産の農業用ドローンで、農業に従事している人の声を取り入れ、故障したときに簡単に修理できるような設計になっています。修理に必要な部品も国内で取り寄せることができるものに限定しているため、速やかに修理が可能です。

AGRAST30

メーカー希望小売価格は187万円(税込)、農業タンクの容量は30L、飛行時間はホバリングで10分、機体重量は66.5kgです。空撮ドローンが有名で世界中でシェアされていますが、農業用ドローンも開発しています。
特徴は農業タンクの量が多く、16個の農薬を噴出する噴出口があるので早く作業が終了します。また、レーダーシステムを搭載しているので、悪天候のときでも農薬を散布できます。

YMR-08

メーカー希望小売価格は206万2,500円(税込)、農薬タンクの容量は10L、飛行時間は10分、機体重量は24.9kgです。ヤマハが製造しました。
ノーマルモード、自動クルーズコントロールモード、自動ターンアシストモードからフライトモードを選択できます。手動でモードを切り替えることも可能ですが、自動でモードを認識する機能も付いています。

MMC940AC

メーカー希望小売価格は237万6,000円(税込)、農業タンクの重量は5L、飛行時間は10分、機体重量は18kgです。丸山製造所が製造しました。耐久力に優れ、メンテナンスが容易な仕様になっています。農薬散布が終了すると自動で帰還するようになっているので、紛失防止にも役立ちます。

農業にドローンを利用する際の注意点

注意点を3つ紹介します。

国土交通省に申請が必要

危険物の輸送と物件投下に該当するので、国土交通省に申請する必要があります。法律はたびたび変更になる場合があるので、その動向を注視しておきましょう。

最大離陸重量によって基準が厳しくなる

ドローン本体の重量に加え、農薬やカメラなどを搭載すると25kgを超過する可能性があります。離陸するときに25kgを超過していると、機体の強度と安全性により厳しい基準が設けられます。
それにより、ドローンのメンテナンスや点検の費用がかさむことになります。本体が大きいものが多いので、コストカットを希望する場合は、最大離陸重量についても知っておく必要があります。また、農薬散布範囲に適した商品を選定するようにするとよいでしょう。

バッテリーの取り扱いは慎重に行う

バッテリーを必要以上に充電すると発火する恐れがあります。よって、長時間の充電は避けるようにしましょう。また、耐火性の容器に保管すると火災を予防できます。

まとめ

シニアの方は馴染みがあまりないかもしれませんが、ドローンを使用することで肉体的なつらさから解放されます。自分ではまだ農作物を作りたいと考えていても、自身の肉体的な衰えや後継者がいないことによる不安から、農業を諦めてしまうこともあるでしょう。
初期費用は必要ですが、これまで人力で行っていた作業を代わりに行います。それにより余暇時間が生まれるので、体を休める時間にあてることもできます。シニアの方に限らず、人手不足で悩んでいる農家にとって、ドローンは吉報になることでしょう。

おすすめのドローン操縦スクール

商品画像12345
商品名アスキムドローンスクールAKRドローンスクールドローンスクールジャパン福岡南校ドローン教習所福岡校ドローンテックアカデミー
特徴専門性の高い現役のパイロットが基本から応用まで指導ドローン検定協会認定のドローンスクール充実した教材で短期間に技術を取得実績が豊富で開校以来500名以上が受講実務に直結する活用技術が身に付く
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧