福岡県のドローン操縦スクールの中から特におすすめのスクールを徹底比較して各スクールの費用や取得資格などをまとめました。

農薬散布のためのドローン操縦に必要な資格と知識は?

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/24

さまざまな分野で活躍しているドローンですが、とくに人手不足が心配されている農業で、活躍しているドローンに注目が集まっています。今回は農業でドローンを使うと、どのようなメリットがあるのか、操縦するために必要な資格はあるのかなど、農業とドローンについて詳しく説明します。ドローンの導入を検討している方は、参考にしてください。

農業にドローンを使うメリットとは

農業でドローンを使うと、下記のようなメリットがあるといわれています。

・作業が簡素化できる
・農業従事者の負担が減る
・作業の効率化アップ
・コスト削減
・農作物の管理がしやすくなる
・人手不足解消

実際に下記のような使用方法で、導入されています。

農薬や肥料の散布

農薬の散布は、無人ヘリコプターで行われている事例がすでにあるのですが、ドローンのほうが小型で価格が安いことから、ドローンに切り替えている農家が増えています。無人ヘリコプターの利用はできなかったけれど、ドローンなら可能というケースも多くあり、今後も導入する農家は増えてくるでしょう。農薬をドローンが散布することで、より早く確実に農薬を散布できます。これにより、人手不足の解消や、作業の効率アップにつながっているのです。同じように、肥料もドローンで散布することが可能となっています。

農作物を運ぶ

収穫した果物や野菜を運搬するのは大変です。この運搬作業を、ドローンが代わりに行うというような方法も取り入れられています。農作物だけでなく、農業資材の運搬もドローンが行うことで、農業従事者の負担が減らせます。

農作物の管理

センサーを使用して、農作物の生育状況を確認していくということも、ドローンで行われています。これにより、農作物に害虫が発生していないかなども、目視より早く確認できるので、不作を防ぐことにつながります。目視で確認していくより、農作物の管理がしやすくなるといえるでしょう。

鳥獣対策に利用

農作物に被害を与えるとされている、獣や鳥は、農家の人々を困らせてしまっています。これらもドローンが見回りし、事前に被害を防ぐという方法で利用されています。農業従事者には高齢者が多いため、作業は重労働となってしまいます。ドローンの力を借りることで、作業の負担が減り、人手不足も解消されるので、今後も導入を検討する農家が増えるといえるでしょう。

農薬をまく以外のドローン活用法

農薬をまくドローンが、一番よく利用されていますが、ドローンはそれ以外のシーンでも活用されています。先ほど、ご紹介している以外の活用方法についてもご紹介します。

種まき作業

ドローンを使用して、畑に種をまいていきます。人の手で行うよりもスピーディーに種まきができます。無人ヘリコプターでも行われていたのですが、ドローンは無人ヘリコプターよりも安いため、導入しやすくなりました。しかし、この方法は、まだ試験段階とされているため、一部の農作物や農家でしか実施されていません。

受粉作業

こちらも試験的に全国で行われている作業になります。試験的に行われているのはリンゴの受粉作業で、人の手で行うと4人で1時間以上かけていたものが、ドローンだと15分で行えたといわれています。作業が効率化できることがわかりますし、労働者の負担も軽減されるでしょう。ドローンで散布すると、均一に受粉できるのかという点が心配されていたのですが、手作業で受粉するよりも収穫量が多く、品質も上回ったという結果になっていて、今後の展開に注目が集まっています

農業でドローンを使う場合は、技術を学べる講座や講習が行われているので、そこで知識を身につけることで、安心して導入できます。ドローンを飛ばすだけなら資格は不要ですが、農業で使う場合は、より安心して使える、効率よく使える方法を学んでおく必要があるでしょう。

農業でドローンを購入するなら補助金が使える

無人ヘリコプターよりも安く購入できるドローンですが、それでも100~300万円はかかるとされています。大きな出費になることは、いうまでもないでしょう。しかし、農業でドローンを購入する場合は、補助金を使って購入できるのです。利用できる補助金制度は、4つあります

・ものづくり補助金
・強い農業担い手づくり総合支援交付金
・産地パワーアップ事業
・経営継続補助金

補助金制度は、誰でも利用できるわけではありません。申請をして、審査を受け、適用が可能と認められた場合のみ、補助金制度で補助されます。申請する際は、専門家に相談して申請サポートをしてもらうほうが安心でしょう。

 

農業とドローンについてご紹介しました。実験段階の利用方法もあるものの、幅広くドローンが活躍してくれるということはわかったはずです。今後も、ドローンはさまざまな場面で農業をサポートしてくれると期待されています。導入を検討している場合は、一度補助金制度についても調べてみることをおすすめします。

おすすめのドローン操縦スクール

商品画像
商品名アスキムドローンスクールAKRドローンスクールドローンスクールジャパン福岡南校ドローンテックアカデミードローン教習所福岡校
特徴専門性の高い現役のパイロットが基本から応用まで指導ドローン検定協会認定のドローンスクール充実した教材で短期間に技術を取得実務に直結する活用技術が身に付く実績が豊富で開校以来500名以上が受講
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索