福岡県のドローン操縦スクールの中から特におすすめのスクールを徹底比較して各スクールの費用や取得資格などをまとめました。

ドローンの種類と特徴は?空撮・トイ・産業ドローンの違い

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/06

ラジコンのように操縦して楽しめるドローンは、趣味で利用するだけでなく、産業分野でも利用される機会が増えています。ドローンとひとまとめに呼んでいますが、実はさまざまな種類があり、大きく分けると、「トイドローン」「空撮ドローン」「産業用ドローン」に分けられています。今回は、ドローンの種類や特徴について紹介します。

トイドローンの特徴と魅力

ドローンは、無人航空機です。そのため操縦する場合は、航空法など法律に従って操縦しなければいけません。しかし、航空法が適用外となるドローンがあります。それが、トイドローンと呼ばれるものです。トイドローンは、重量が200g未満のものを指し、無人航空機ではなくおもちゃに分類されます。おもちゃとして扱われるため、航空法を気にしないで気軽に楽しめます。

しかし、おもちゃでも上空を飛行させますので、周りの環境は気にしなければいけないでしょう。空中で操縦するということは、思っている以上に難しいものです。人やモノが多い場所では、事ゆえにつながってしまう可能性もあります。できるだけ広い場所、周りに人やモノがないという場所で操縦するのが安全です。

トイドローンの魅力は、おもちゃに分類されていても、本格的なドローンに負けない機能を搭載しているものが多いという点です。ドローン初心者が操作するのにぴったりといえます。とくに、アシスト機能が搭載されているドローンは、操縦ミスを防ぐことができるので、安心です。たとえば、自動で操縦者のところに戻ってくるようになっている自動帰還機能があれば、操縦途中に見失ったとしても、きちんと戻ってきてくれるので便利です。ホバリング機能という機能は、高度を維持する機能なので、天井にぶつけてしまうリスクも減らせます。

トイドローンは、本格的なドローンの操縦技術を高めるための練習用として利用している人もいます。トイドローンを購入する場合は、「技適マーク」がついているものを購入してください。このマークがついていないと、電波法違反となってしまうため、注意が必要です。

空撮ドローンの特徴と魅力

空撮用のドローンは、航空法やその他の法律を知ったうえで、操縦する必要があるものです。200g以上のドローンで、お値段もトイドローンより高いです。トイドローンなら、1万円未満で購入できる機体もありますが、空撮用の場合は、10万円以上というものが多くなっています。

空撮用ドローンの魅力は、とてもキレイな写真や動画を撮影できる点でしょう。普段見ることができないような視点から撮影できるので、非日常を味わうことができますし、新しい発見にもつながります。自分の足で行けない場所の撮影ができるので、見たことがない景色も撮影できるでしょう。

このような空撮を楽しむためには、ドローンにカメラがついていなければいけません。空撮用ドローンは、カメラの性能でキレイな写真や動画が撮影できるかどうかが決まるので、カメラの種類や性能を確認して購入するようにしましょう。

空撮ドローンは、カメラの性能も重要ですが、それ以上に操縦者の操縦技術も重要といわれています。技術がなければ、キレイな写真や動画を撮影する構図が決められないからです。そのため、ある程度操縦できるようになってから、空撮を楽しむのがおすすめです。

産業用ドローン特徴と魅力

産業用ドローンは、農薬を散布したり、太陽光発電所や風力発電所の点検を行ったり、荷物を運んだり、さまざまな場面で活躍しているドローンです。作業の効率化や、人員不足の解消、コスト削減など、さまざまな効果があるといわれています。お値段は、100万~300万円くらいするとされているため、トイドローンや空撮用のドローンとは違うことがわかります。

とくに、農業分野では、高齢者が多いことから産業用ドローンの活用が進んでいます。産業用ドローンは、トイドローンや空撮用ドローンより丈夫でしっかりした構造となっています。災害現場でドローンを使うこともありますし、過酷な環境で操縦することがありますので、機体が壊れにくい、雨や風に強いなど、構造がしっかりしていなければいけません。荷物を運べるドローンの場合は、荷物を落とさないでしっかり運べるように、作られていなければいけないでしょう。

産業用でドローンを使用する場合は、事前に届出が必要となります。空撮用と同様に、さまざまな法律も知っておかなければいけません。操縦技術も必要となってきますので、研修を受けて導入しなければいけません。より効果的に安全に産業用ドローンを導入できるように、対策をしっかり行う必要があるでしょう。

 

本記事でご紹介した以外にも、ドローンにはさまざまな種類があります。技術の進歩により、今後ますます新しいドローンが登場してくることも期待できるでしょう。利用する目的によって、最適なドローンを選ぶことが大切です。また種類によっては、知識や技術が必要になるので、その点も考慮しなければなりません。

おすすめのドローン操縦スクール

商品画像
商品名アスキムドローンスクールAKRドローンスクールドローンスクールジャパン福岡南校ドローンテックアカデミードローン教習所福岡校
特徴専門性の高い現役のパイロットが基本から応用まで指導ドローン検定協会認定のドローンスクール充実した教材で短期間に技術を取得実務に直結する活用技術が身に付く実績が豊富で開校以来500名以上が受講
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧