福岡県のドローン操縦スクールの中から特におすすめのスクールを徹底比較して各スクールの費用や取得資格などをまとめました。

ドローンの基礎知識!いまさら聞けないドローンの疑問を解決

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/24

空中を飛んでいるドローンを、見たことがあるという人は多いと思います。最近は、ドローンを利用するシーンがとても増えていて、とくにビジネス分野での活用が急速に進みつつあります。ドローンは知っているけれど、詳しいことまでは知らないという人のために、ドローンの基礎知識について紹介します。

ドローンは雨の日でも飛ばせる?

趣味でドローンを飛ばしたいという場合、ドローンを飛ばしてはいけない日があることを知っておいたほうがよいでしょう。ドローンは空中を飛ばしますので、事故が起こるときは、大抵天候が悪いときとされています。そのため、天候をよく確認しなければいけません。

では、どのくらい天候が悪いと飛ばせないのでしょうか。少しの雨なら大丈夫かなと思うかもしれませんが、ドローンを飛ばしている途中に、雨が降ってきたら飛行を中止しなければいけません。どのような理由があるのか、確認していきましょう。ドローンは、とても細かな造りになっています。バッテリーや、モーターなどは、雨に濡れてしまうと発火する可能性があるため、少しでも雨が降ってきた、天気が悪くなりそうというときは、安全を考えて飛ばしてはいけません。

では、風はどうなるのでしょうか。台風であればもちろん飛ばせませんが、どれくらいの強風でドローンの飛行を中止するべきなのか、気になる人も多いはずです。これは、国土交通省で「無人航空機飛行マニュアル」というものが発行されていて、そこに記載されています。目安として「5m/s以上の突風」となっているため、やや風が強くなった場合は飛行を中止させなければいけないでしょう。風が突然強くなるということもあるので、常に空の状況を確認しながら、飛ばす必要があります。

ドローン本体に被害が出るだけでなく、悪天候で操縦したことで、人に当たってしまうというようなトラブルも考えられますので、天気が悪い日は、飛ばさないようにしましょう。

ドローンはどんな用途に使えるの?

ドローンは、どのような用途で使われているのでしょうか。空を飛ばしているので、空撮のイメージが高いかもしれませんが、それ以外の分野でも広く活用されていますよ。

太陽光発電所や風力発電所の点検作業

太陽後発電所のパネルは、定期的に点検しなければいけないのですが、大きなパネルで高い場所に設置されていることから、人が点検作業をするのは大変とされています。これがドローンを使うことで、簡単に行えるようになりました。ドローンに特殊なカメラをつけて、点検をしています。風力発電所も、高い場所にあるので人が点検を行う際は、時間がかるだけでなく危険性も伴います。しかしドローンなら、カメラを使って高い場所を簡単に点検できるのです。

災害の被害状況確認

災害時には救助隊が救出活動を行いますが、すぐに入ることができない場所は、中がどのような状況になっているのかわからないということがあります。ドローンは、人が入れない場所も飛ばすことができるので、被害状況を確認したり、遭難者がいないか調べることができます。報道でも、記者が入れない代わりにドローンを使うこともあるようです。

農業

ドローンを使って、人間が行うと手間がかかるとされている、農薬散布業務が行われています。また、農作物の成長具合をドローンで記録するということもできるので、幅広く活用されていることがわかります。このように、ドローンは多分野で活躍をみせています。

ドローンを扱うのに免許や資格は必要?

ドローンを操縦する場合、特別な免許がなければいけないのでしょうか?実は操縦するだけなら、とくに免許は必要ありません。しかし、ドローンを飛ばす前に理解しておかなければいけない法律があるので、それらを学ぶために民間のドローン操縦資格を取得される人もいます。

ドローンを操縦する際に、知っておきたい法律のひとつに「航空法」はありますが、ここでは、ドローンを飛ばしてはいけない場所について、ドローンを飛ばしたい場合に許可を取らなければいけない事例などが挙げられています。ドローンを飛ばす際には、下記のようなルールがあるのですが、それ以外でドローンを飛ばしたい場合に、地方航空局長への申請をしなければいけません。

・目視できる範囲内で飛行させる
・日中に飛行させる
・第三者やモノとの距離を30メートル以上あけて飛行させる
・多くの人が集まるイベントなどの上空で飛行させない
・危険物の輸送をしない
・ドローンからモノを落とさない

承認を得られた場合は、例外での飛行が可能になります。この他、道路交通法や、電波法、小型無人機等飛行禁止法、民法、各自治体の条例などを知っておく必要があります。

 

ドローンについて、今さら聞けない基礎知識をご紹介しました。これからドローンを飛ばしたいと考えている人も、すでに飛ばしているという人も、安全に利用するために、法律や条例はしっかり確認しておきましょう

おすすめのドローン操縦スクール

商品画像
商品名アスキムドローンスクールAKRドローンスクールドローンスクールジャパン福岡南校ドローンテックアカデミードローン教習所福岡校
特徴専門性の高い現役のパイロットが基本から応用まで指導ドローン検定協会認定のドローンスクール充実した教材で短期間に技術を取得実務に直結する活用技術が身に付く実績が豊富で開校以来500名以上が受講
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧