福岡県のドローン操縦スクールの中から特におすすめのスクールを徹底比較して各スクールの費用や取得資格などをまとめました。

太陽光パネルの点検にドローンが最適?導入のメリットや費用は

公開日:2023/01/15  最終更新日:2022/11/18

点検のための準備、点検、点検後の調査報告書の作成などで、ドローンは活躍しています。これまでよりも大幅に点検時間と作業人員を削減できています。それにより、点検できる現場の数が増えるため、売上アップにも貢献しています。メリットと費用についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ドローンで太陽光パネルを点検する方法とは

撮影するだけではなく、その後の調査報告書の作成にスムーズに移行できるようになりました。点検の精度も向上しています。

点検前準備

太陽光発電を行うためには、日射量を調べることが大切です。一般的に、南向きの方向が一番日当たり良好といわれていますが、建物などの障害物の影響を受けるとそうとも限りません。まずは、日射量を調べるために準備します。そして、アプリを活用して自動航行プログラムを組みます。

点検

自動航行させて撮影データを収集します。漠然と撮影するだけではなく、異常が発見された箇所では、人が目で見て調査するよりも詳しく調査できます。

点検後の調査報告書の作成

撮影データをもとに、調査報告書を作成します。太陽光発電を開始した場合、日射量などの結果を参考にして、いくらくらい収益化できる見込みなのかも報告可能です。また、撮影データの解析も行います。

ドローンを点検に利用するメリット

現場で作業する人の無駄や無理を排除できました。属人化を排除できたこともメリットといえるでしょう。これからの労働力不足を補う役目も担っています。

業務の効率化

点検に必要な足場の設置、ロープワーク、ゴンドラの準備などが不要です。点検業務をスムーズに開始できます。また、点検準備だけではなく、点検業務の時間も短縮できるので、1日に1つの現場しか担当できなかったのが、1日に複数の現場を担当できるようになるでしょう。それにより売上アップが見込めます。

コスト削減

点検準備や点検のために必要な機材のコストだけではなく、作業員の人件費も削減できます。人件費は最低でも年間400万円程度はかかるので、作業員を1人減らせるだけでも大幅なコスト削減となるでしょう。

安全性の向上

高い場所で作業するときに落下などの事故を防止できます。また、崖や急な斜面で作業することもなくなるため、安全性が向上しました。ドローンを操作する人は安全な場所で操作できます

ドローンで点検する際にかかる費用

点検する場所により価格が異なります。外注化することで費用はかかりますが、より精度の高い点検を受けられるので、抜けや漏れを防げるメリットはあります。

プラント

外注費は35万円前後~となります。外注するメリットは、普段人の目で確認することが難しい場所や、人の目で確認できない場所を点検できます。また、作業員が調査する前に、ドローンを活用して現場の確認ができます。なお、プラントは屋内です。

橋梁

外注費は120万円~となっていますが、規模により価格が変化します。外注するメリットは、高い場所で作業するときに落下などの事故を防止できます。また、点検車や高所作業車などが立ち入れない場所を点検できます。

ダム

外注費は100万円~となっていますが、規模により価格が変化します。外注するメリットは、広い範囲を迅速に撮影できます。また、足場の設置やロープワークなどの準備をしなくて済みます。そして、高い場所で作業するときに落下などの事故を防げます。さらに、3Dモデルを作成して、そのデータを活用できます。

風力発電

外注費は、1機につき4万円前後~となっています。外注するメリットは、高い場所で作業するときに落下などの事故を防止できます。また、精度が向上します。

太陽光発電

外注費は、1MWあたり6万円前後~となっています。外注するメリットは、広い範囲を迅速に撮影できます。また、撮影後に実施する点検報告書の作成にスムーズに移行できます。そして、高い場所で作業するときに落下などの事故を防げます。

屋根

外注費は、民家の場合は6~7万円、工場などの場合は30万円前後~となっていますが、規模により価格が変化します。外注するメリットは、高い場所で作業するときに落下などの事故を防止できます。また、足場の設置が不要です。そして、データを活用して客観的に屋根の劣化状況を判断できます。

外壁

外注費は35万円前後~となっていますが、面積により価格が変化します。外注するメリットは、高い場所で作業するときに落下などの事故を防止できます。また、足場の設置が不要です。そして、地上で撮影できない場所も撮影できます。さらに、人の目で確認することが難しい場所や、目で確認できない場所を点検できます。

まとめ

ドローンを活用することで、これまでよりも時間と人員を削減できるようになりました。ドローンを導入するための費用はかかりますが、投資した費用を充分回収できるでしょう。しかし、どこの現場でもドローンによる撮影が適しているわけではありません。勾配がある現場や障害物などがある現場ではコストカットが見込めますが、平坦な土地で障害物がない現場では、人員で作業したほうがコストを浮かせられることがあります。そのため、人員による作業はもう古いのではなく、上手に見極められるようになるとよいでしょう。

おすすめのドローン操縦スクール

商品画像12345
商品名アスキムドローンスクールAKRドローンスクールドローンスクールジャパン福岡南校ドローン教習所福岡校ドローンテックアカデミー
特徴専門性の高い現役のパイロットが基本から応用まで指導ドローン検定協会認定のドローンスクール充実した教材で短期間に技術を取得実績が豊富で開校以来500名以上が受講実務に直結する活用技術が身に付く
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
ドローンスクールコラム